プチ隠居暮らし

定年を迎えての隠居暮らしのはずか週4日のお仕事

落語界のパワハラ訴訟一件落着?

賠償金80万円で判決。

 

このご時世だからパワハラ許すまじで盛り上がっているけれど、結局師匠は破門はできるけれど廃業にはできないことをルールとして確立するしかないんだろうね。

 

正直、原告の噺家もその新しい師匠も正義をふりかざす時点で噺家としてはなんだかなぁという思い。まぁ出る会避ければいいだけなんだけれど。

決定版 日本の名城:江戸城

届く。やはり楽しい。

ただ使っている航空写真が恐ろしく古い。

中田真澄さんとあるから‘80年代の新人物往来社の「空から見た名城」(だったかな?)と同じような気がする。それも東日本、西日本と分けて出た後、合本でも出されて写真はほとんど一緒だったという黒歴史

位置関係の説明には十分だけれど流石に「現在の」はないよなぁと思う。

普通にグーグルアースでこのくらいは撮れるのに。

それと江戸城クラスは一冊では難しいのではあるまいか。

いろいろ難癖を付けながらも楽しい。

 

 

そんな一日

隣町の図書館に。

新春寄席で出演予定だった正楽さんの代演のご案内が、初席ではお元気そうだったのに。

そして図書館は中央図書館で電源トラブルで貸出できす。

それ自体はわかるけれど、ただ24日に発生した障害がまだ回復していないのはひどいな。

急激の高齢化でインフラの維持さえ困難になってきているような。コンパクトシティどころかコンパクトカントリーを目指さないといけないのではあるまいか。

そんな事を思う一日。

 

 

テレビ芸人

テレビ芸人の話が騒ぎになっている。

いやテレビがないから全然知らないのだけれど。テレビ芸人はスポンサーの意向に振り回されるのは当たり前。

 

寄席芸人だとどれだけパワハラ訴訟に巻き込まれようと客が見放さない限りは舞台に立てる。嫌な客は行かないだけだから。

(と思ったけれどパワハラ訴訟に巻き込まれてからは国立演芸場には出ていないな)

それでも定席は初席二之席に顔付けされている。

多分テレビ芸人はけられることがないから勘違いしやすいんだろうな。

ヤフオクで買った圓歌独演会CD。

 

天覧芝居?

新国立劇場で上演中の菊五郎一座からセキュリティ強化のご案内。

皇室関係か来日中の要人の来場なんだろうけれど。

切符は完売していない。

千穐楽なのに。

 

要人の来日予定もないし、皇族なのかな。

ただ被災状況からすると、皇族女子か。

 

 

誰がくるの、どんな警備体制をとるの、見に行こうと思ったけれどあまりに酔狂なので見送る。

 

 

 

 

 

 

下席@紀尾井小ホール

午前中父の面会に行ってその後紀尾井町ホールへ。

四ツ谷駅から江戸城の外郭の土塁の上を歩く。

流浪の寄席国立演芸場

そして与太郎席。

楽しめたけれどいかんせん座席硬くて腰が痛い。慣れなのかねぇ。

ホームランは介護漫談。

笠碁でお遍路の傘というのは初めてのような気がする。

公演記録を購入。

ネットで検索できるけれど手元に置いて置きたい。